スペシャリスト養成講座

  • 2101人を動かす究極の交渉・コミュニケーション術:
    “納得”の導き方

    担当コーディネーター

    上智大学 法科大学院 教授
    法学研究科法曹養成専攻主任
    森下 哲朗

    TETSUO
    MORISHITA

    「あれ、ちゃんと合意したのに相手がいつまでたっても合意内容へのコミットメントをしてくれない」「いいアイデアはあるのだけれど、どう説明したら周りの人たちからサポートを得られるのだろうか」「どうすれば、自分の言いたいことを相手に的確に伝えることが出来るだろうか」日々のお仕事や生活の中で、そのようなお悩みをお持ちではないでしょうか。交渉とは、結果を伴うコミュニケーションであり、『自分が欲しいものを手に入れるために行う』行為です。それは、つまり、『相手から、あるいは相手と共に、欲しいものを手に入れること』を意味します。そのプロセスにおいて、恐らく相手との対立は避けられないかと思いますが、いかに無駄な傷を負うことなく、自分の欲しいものを手に入れるために、その対立にどう関わるべきかを知っておくに越したことはありません。本講座では、『交渉において自分が目指すゴールをいかに効率的に手に入れることが出来るか』、そして『いかにして自らの目的の達成を、当事者間の納得の下、行うことが出来るのか』というリーダーのための究極の交渉・コミュニケーション術を理論と実践を通して身につけることを目的としています。ケーススタディを通じて、より実践に近い交渉を実際に体験していただきつつ、明日からすぐに使うことが出来る“交渉における行動心理に基づいたテクニック”を身につけていただきます。

    各回の講義テーマ

    • 究極の交渉・コミュニケーション術とは? ―AI時代を生き抜くために必須のskillと心理

    • 究極の交渉・コミュニケーション術とは?(2)

    • ケーススタディ(1)―1vs.1の交渉シミュレーション

    • 交渉における実務的なテクニックと交渉心理(1)

    • 交渉のおける実務的なテクニックと交渉心理(2)

    • ケーススタディ(2)―チームで行う交渉シミュレーション:マルチイシューの交渉

    • Crisis Negotiation ―ニッチもさっちもいかない時の対処法

    • まとめ

    予定講師陣

    • ■島田 久仁彦 (株式会社KS International Strategies代表取締役社長CEO、元国際連合紛争調停官)
      著書『交渉プロフェッショナル:国際紛争の修羅場から』(NHK出版)、『最強交渉人のNOをかならずYESに変える技術』(かんき出版)
    • ■森下 哲朗(上智大学法科大学院教授)
  • 2201国際会計

    ~IFRSの会計情報とグローバル企業の財務分析~

    担当コーディネーター

    上智大学 経済学部 経営学科
    教授
    西澤 茂

    SHIGERU
    NISHIZAWA

    近年、企業を取り巻く経営環境は、経営活動のグローバル化の進行やIT事業の発展などにより、大きく変動しています。その流れは、証券市場における企業の会計情報の開示にも及んでおり、企業は自国の会計基準から、グローバル・スタンダードであるIFRS(国際会計基準)に準拠した情報開示にシフトしており、その傾向は加速しています。このような背景をふまえ、本コースでは、前半では、わが国の会計基準(日本基準、日本GAAP)からIFRSへのシフトに伴う証券市場への影響について、日本のSPA(Specialty store retailer of Private label Apparel : 製造小売業)の先行企業であるファーストリテイリングを取り上げてその実態分析を行います。
    後半では、グローバル企業、特に近年注目度の高いIT事業に焦点をあて、日本企業ついては、ソフトバンク、米国企業については、GAFA(Google, Apple, Facebook, Amazon)、中国企業については、BATH(Baidu, Alibaba, Tencent, Huawei)の実態分析を通じて、グローバル市場における日本企業と世界各国の企業との競争力の比較をし、日本企業の将来性について分析を行うことを目的とします。

    各回の講義テーマ

    • グローバル企業におけるIFRS適用の意義

    • グローバル企業の経営戦略と財務戦略

    • 日本基準からIFRSへのシフトの影響:ファーストリテイリングの実態分析

    • IT事業のケース・スタディ①:日本(ソフトバンク)の実態分析

    • IT事業のケース・スタディ②:米国(GAFA)の実態分析

    • IT事業のケース・スタディ③:中国(BATH)の実態分析

    • グローバル企業のCFOによる講演

    • 日本・米国・中国のグローバル企業の成長戦略の比較と将来性分析

    予定講師陣

    • ■第7回ゲスト・スピーカー:
      大西 秀亜(元株式会社ファーストリテイリングCFO、合同会社インテグリティ共同代表)
    • ■西澤 茂(上智大学教授)
  • 2202企業価値を創造するESGと統合報告の最先端

    担当コーディネーター

    上智大学 グローバル教育センター
    特任教授
    浦元 義照

    YOSHITERU
    URAMOTO

    近年、ビジネスリスクや企業価値の創造において非財務要因が投資の意思決定を行う際の重要課題として認識されています。投資家と企業がESG(環境・社会・統治)をどう捉えているか、その有用性と有効性は、非財務要因がいかに財務的パフォーマンスに影響を与えているかなどESGに関する関心が高まっています。EUは2014年その指令により非財務情報の開示を義務化しました。日米欧と地域差はあるものの、ESGに対する関心は急激に強まっており、非財務情報をインテグレートした 統合報告書は投資家とのコミュニケーションに有効な手段と考えられています。
    この講座では、GCNJ(グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン)の協賛のもと英国レディング大学ヘンレイ・ビジネス・スクール及びバーミング大学から専門家を講師として招聘し、日本でのパートナーとしてEY Japanの気候変動・サステナビリティーサービス(CCaSS)から講師派遣の協力も得ています。 受講者は、統合レポート作成に従事する企業の実務担当の幹部および候補者とCSR/ESG責任者を対象とし、 この講座を通じて企業価値を創造するESGと統合レポートに関する最先端の知識、情報を修得し、自社のESG評価・分析能力を向上させること、そして統合報告作成に関する技術を習得できるように進めます。

    各回の講義テーマ ※5日間で全8回開講

    • フリードマンからSDGsまで

    • 自社への影響はあるのか?

    • Wall Street ルールからアクティブ・オーナーシップ:投資家と投資先会社の役割

    • 統合報告の作成

    • 統合ケーススタディー:ESG課題・既存のビジネスモデルの分析・持続可能なモデルの作成

    予定講師陣

    • ■グンナー・リメル(レディング大学ヘンリー・ビジネススクール教授)
    • ■クリストフ・ビエル(バーミンガム大学講師)
    • ■牛島 慶一(EY新日本有限責任監査法人 プリンシパル/気候変動/サステナビリティサービス(CCaSS)リーダー)
    • ■松本 千賀子(EY新日本有限責任監査法人/気候変動・サステナビリティ・サービス アソシエートパートナー)
    • ■引間 雅史(上智学院経営企画担当理事)
    • ■浦元 義照(上智大学特任教授)